うちももにはみ出る毛が恥ずかしかった

7月 1st, 2014

私は、高校時代、テニス部でした。短パンでプレイすることが多いのですが、昔の短パンは今のようにだぶだぶした大きいものではなく、比較的小さいショートパンツだったので、うちももの毛がはみ出してしまい、恥ずかしかったです。
ブリーフに短パンはテニスプレーヤーの必須アイテムなので、それ以外の格好でプレイすることは許されません。しかし、剃ると余計に濃くなると思うと、剃ることもできませんでした。
私よりも毛深くて、豪快にはみ出ている人もいましたが、そこまで行くと逆に潔い感じです。
少しだけはみ出ていると、陰毛がはみ出ているみたいで、ものすごく格好が悪いのです。しかも、ももの裏側の毛も少しあると見苦しいのです。
思春期なので、その毛深さには少し悩みました。手の毛はあまり気にならないのですが、足の毛はとても気になります。
スネの毛にも悩みました。スネ毛はどこどなく不潔感がするのです。それでいて剃るのも抵抗があります。
ももの毛やスネ毛が気になりだすと、おへその周りの毛も気になってきます。ギャラドゥは、高校生には似合わないのです。さわやかなテニスのイメージも、いろいろな毛のおかげで全然さわやかな感じではなく、汚い男のスポーツ感がたっぷりの中でテニスをしていました。

今はもうレーザー脱毛しちゃったので気にならなくなりましたけどね。

気にならないというか、もうそういう格好をする機会がほとんどなくなったというのもあります。まあ、どちらにしても脱毛しておいて毛の悩みがなくなったっていうのはいいことだと思います。

基本的に腕毛とかすね毛も僕はあまり好きではないというか、できればすべすべな男性になりたいと思っていたので。

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません